キャンプ場を予約してdポイントを貰おう! 詳しくはこちら>>
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

長崎県キャンプ場:3

長崎のキャンプ場は、長崎の地形柄、主に海岸沿いにたくさんあります。長崎には、「五島列島」をはじめとする多くの島があるので、各島々を巡りながらキャンプを楽しむこともできますね。長崎のキャンプ場は、海を眺めることのできるキャンプ場がたくさんあるので、マリンスポーツを楽しんだり、海で釣った魚で海鮮バーベキューを楽しんだりできます。また、長崎のキャンプ場は、海と山の距離が近いこともあり、海キャンプ、山キャンプの両方を1度に楽しめる、贅沢なキャンプ場がたくさんあるのも魅力的です。さらに長崎の小さな島にあるキャンプ場では、キャンプ場をベースに、ドライブやサイクリングで島を1周しながら自然を感じることができますね!

日付からキャンプ場を探す

長崎県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

なおち

認証済み

大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

自然の中に身を置くには最高の環...
4.67

  • 【投票数0票】

海もあり山もあり、とてもいい所です。 焚き木も簡単に集められます。 テントサイト周辺は日陰が少ないので、タープはあった方がいいです。 無人島なので明かりがない分、夕焼けから星空、月明かりがとてもキレイです。 道にも迷わず行けました。 空港から直通船が出ているのもいいですね。 無人島なので、まず危険を伝えること、その上で必要以上に手出し口出しはせず、困ったときは助けてくれるスタッフさんの距離感がよかったです。 電気、水、ガスはありませんが、アクティビティが充実しています。 トイレもきれいです。 各種レンタル品が揃っていたので、困ることはありませんでした。 整備しすぎず自然のままで、でもきれいにすべきところはきれいに使われていました。 メインのビーチはきれいでしたが、裏のビーチにはゴミが流れ着いていて少し残念でした。 島の外ですが、船着場周辺には自販機しかないので、事前に買ってくることが必須です。 温泉施設も近くにあるようですが、利用していないのでわかりません。 アクティビティのついたコースのみのようで、値段設定は高め。 持ち込みでキャンプのみしたい場合の素泊まりコースも作ってほしいです。...

    FumiTake

    大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

    長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

    子どもも大人も楽しめる無人島生...
    4.50

    • 【投票数0票】

    事務所の横の船着場から小型船に乗り無人島へ。それだけで冒険感が出てワクワクしました。島を探索していると森の中に自然の木のツルでターザンができるポイントが。子どもたちはこれが一番心に残ったみたいです。 また、対岸に沈む夕陽を無人島で見ると、自分たちだけのものに思えて最高でした。 長崎空港から車で約1時間ちょっと。海沿いを走るので、新鮮な魚介類を売っているお店がたくさんあります。島でのバーベキューの食材をゲット。 なお、国道を曲がるとお店が全くないので、その前に全ての買い物を済ませておいてください。 田島ベース(事務所)では、コップやお皿、飯ごうなどを借りることができます。 島では簡易な釣りの道具や火起こしのためのメタルマッチなどを貸してくれます。火起こしのワークショプで教えてもらった通りにすると簡単に火がつきました。このネタはどこかで使えそう。 島には井戸水があるみたいですが、それでも貴重なもの。ひと家族にいくつかのポリタンタンクに入った水が渡されますが、贅沢には使えません。このことで、子どもたちが水の大切さに気づいてくれたのは良い経験でした。 無人島なのである程度のことは覚悟していましたが、女子トイレが綺麗だったことは女性陣にとってはポイント高かったみたいです。土足厳禁にしているのが綺麗を保つ秘訣かも。 立地欄に書いた通り。長崎の市街地までも車で1時間弱で行ける距離。無人島の次の日は出島を観光しました。 ...

    • 長崎県 大村湾〜無人島〜滞在記「田島」 の口コミ写真r27461
    • 長崎県 大村湾〜無人島〜滞在記「田島」 の口コミ写真r27461

    はらみー

    大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

    長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

    また友達と行きたいです!!
    4.83

    • 【投票数0票】

    島には自然のツルなどでターザンが出来たり、ブランコ出来たり、自然そのもので遊べました!ツリーハウスなどもあり、子供も大人も楽しめました!汚れてもいい服で思いっきり自然で遊ぶのがおススメでした! 夜は電気もないので、真っ暗になり星空が綺麗でした。無人島ならではなのが、夜に焚き火をしてその時間も好きでした。夜はまだ冷えていて、テントの中で寝袋で寝るとき、膝掛けを持って行っていたので、それもかけて寝れてちょうど良かったです。 道は最後田舎道ですが、それまでは行きやすいです。スーパーなどは船の乗り場にはないので、事前に調達するのがいいです。地元の八百屋さんや、漁協で仕入れるのがベスト! スタッフさんは若い方も多く、とても親切で、色んな質問に丁寧に答えてくれました! 地元のおじさん達も色々知っていて、気さくな方々でした。 無人島なので、野生を感じれる島です。テントが備え付けてあって、すぐ荷物が置けるのが良かったです。テントも綺麗でした。お水などは井戸水で、枯渇したら井戸水も出ないので、タンクに汲んできた水を使って食器を洗ったり、トイレのタンクに入れて流したりしました。水道が通ってないとゆう経験も出来、野生感が素晴らしかったです! トイレなども思ったより綺麗でした! 島の木などもちょうどいいぐらいに整えられてあって、手入れされてるなと感じました。 車で行ったのですが、ナビにも出て迷わず着きました。 島から戻ったら、近くに温泉などもありその周辺も楽しめました。 電気がないので、携帯の電池パックを持って行っておくといいです!携帯で写真を撮る方などは、次の日充電がなくなる可能性ありです!...

      長崎のキャンプ場ご紹介

      九州の北西部に位置し、島々の多い長崎のキャンプ場。
      多くの観光客を集めるハウステンボスを筆頭に観光名所も多々あり、全国から人の集まるになります。

       

      長崎のキャンプ場アクセス環境

      長崎は坂の多い県として有名です。市街地には、路面電車や、バス、レンタル自転車などの設備が充実しています。長崎の市街地に近いキャンプ場に行く場合は、それらの公共交通機関を使うのがおすすめです。また、長崎にあるたくさんの島々でキャンプをしたい人は、フェリーを使って島に渡ります。「五島列島」へは、長崎市内や佐世保市内からもフェリーが出航していますので、「九州商船」などの公式サイトでご確認ください。

      長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

      長崎には、ハウステンボスや平和記念公園、グラバー園などたくさんの観光スポットがありますが、長崎のキャンプで必ず立ち寄りたいのは「小浜温泉」です。海岸沿いにはたくさんの温泉旅館や立寄温泉があり、海を眺めながら、のんびり温泉につかってリフレッシュできるのは魅力的です。キャンプ場をベースに温泉巡りを楽しむのもありですね。また、長崎の島原半島中央部には、「雲仙岳」という火山があり、今も火山活動を続けています。最高峰の「平成新山」は,標高1,483mあり、雄大な山々を感じながら登山を楽しむこともできます。また、雲仙岳の周辺には、雲仙温泉をはじめとする多くの温泉があり、天気がよければ長崎半島を一望しながら、ゆっくり温泉を満喫することもできます!

      長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

      ・稲佐山

      2015年に「日本新三大夜景」に選ばれた人気スポットです。稲佐山山頂へは、ロープウェイでも行くことができ、登山道も整備されていてるためハイキングも楽しめます。

      ・雲仙地獄

      雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯で雲仙観光の中心となっています。ここからわきだす温泉の泉質は硫黄泉で、強い硫黄臭が漂う中、もうもうと立ちあがる湯煙の恐ろしげな様子は地獄の景色そのものです。

      ・九十九島

      208もの島から成る九十九島。リアス式海岸と緑の島、青い海が織りなす景色は見事です。人が住む有人島は4島、他はすべて無人島で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されています。

           

      キャンプ大好き!名無しさん