キャンプ場を予約してdポイントを貰おう! 詳しくはこちら>>
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

青森県キャンプ場:1

青森のキャンプ場は、八甲田山をはじめ多くの山々がありますが、その麓周辺にキャンプ場が多くあります。また青森のキャンプ場は、十和田湖や小川原湖の周辺にもキャンプ場はありますので、朝夕の景色はとても壮観です。海沿いのキャンプ場は夏場のみの運営キャンプ場も多いですが、日本海を望みながら過ごすひとときも良いですね。青森のキャンプ場では、コテージやキャビンも多くあり、山の麓、湖の近く、海側などで贅沢なキャンプをみんなで楽しむことができます。動物と触れ合えるキャンプ場もたくさんあり、中には白鳥が飛来するキャンプ場もあるので、ご家族で楽しめるキャンプ場も多いです。青森のキャンプ場は山の麓にも多くありますので、登山のベースキャンプとしてご利用いただく方も多いです。

日付からキャンプ場を探す

青森県のキャンプ場の口コミ

最新のクチコミ

ハリマヒトミ

認証済み

十和田市営宇樽部キャンプ場

青森県十和田市大字奥瀬字宇樽部国有林十和田市営宇樽部キャンプ場

すれ違うキャンパーさんも挨拶を...
3.83

  • 【投票数0票】

十和田湖の湖畔というだけあって眺めがよく気持ちいいです。波の音も心地よく静かな場所。適度に生えている木々の間から陽の光が差し込んできて、全体的に明るい(眩しくない)です。フリーサイトでも木を挟んでテントやタープを張ってみると結構プライベートな空間になります。 水辺でアブなどの虫が多いため虫除け対策は必須です。 十和田市内で観光をする予定があったので、盛岡市から東北自動車道を利用して十和田市内を経由し、市内のスーパーで買い出しを済ませてから向かいました。キャンプ場には1時間弱で到着しましたが、市内を抜けてからの道中は大きなスーパーがないようなので、早めに買い物を済ませて保冷しておくのがよいかと思います。 キャンプ場入口には看板がありましたので途中までナビで向かっても最後まで迷うことはありませんでした。 雨の予報だったため事前に予約などはせずに伺いましたが、キャンプ場入口の看板にサイトごとの空き状況が張り出されていて、不安無く入場出来ました。(とても親切だな〜と思います)受付の対応も丁寧で、パンフレットや利用ルールのプリントがもらえたので不明な点もなく安心して利用できました。 今回利用はしませんでしたが受付棟付近にあるコインシャワー棟は24時間利用可能だそうで、便利だと思います。洗濯機もありましたので長期滞在の方にも良いです。 トイレはしっかり掃除が行き届いていて、炊事練には分別できるようそれぞれ表記のあるゴミ箱が設置されていました。 大きなスーパーなどはありませんが、湖近くにいくつか日帰りでも利用できる温泉があります。十和田神社や乙女の像などガイドブックにあるもののほかカフェや土産屋もありましたので時間があれば少し足を伸ばしてみても良いと思います。 今回初めての利用でしたが、周りにはベテランキャンパーさんが多いようでした。金曜日の午後から土曜にかけての利用で混雑していなかった為か、大声で騒いでいるような声も聞こえず、夜は虫の声と波の音だけ。 フリーサイトにも車の乗り入れができる事、夫婦2人でも2000円以内で宿泊できる利用料の安さには驚きです。少し遠くても、また季節をまたいで来てみたいと思えました。...

  • 青森県 十和田市営宇樽部キャンプ場 の口コミ写真r32199

gonbo

十和田市営宇樽部キャンプ場

青森県十和田市大字奥瀬字宇樽部国有林十和田市営宇樽部キャンプ場

湖畔で自然の息吹を感じながらま...
4.00

  • 【投票数0票】

湖畔に面したフリーサイト、木々の中にあるオートサイト。フリーサイトも車を横付けできるので便利です。大自然の中、カヌーを、楽しんでいる光景はとても絵になります。ただジェットスキーの音がせっかくのロケーションを…気になる人は気になるかも??? やはり大自然の良さは遠い?奥入瀬渓流があり、また自然の景観を残すため?道は狭くくねくねしています。その上シーズン中は観光バスや自家用車が所々に停車しています。歩いている方、自転車の方も沢山で安全運転に細心の注意が必要です。青森市内から1時間30分位です。コンビニはありません。買い物は必ず済ませてから行って下さい。 受付、売店の開店時間は朝の8時から夜の8時まで。売店はインスタント的な物しかありませんが、虫対策の物は売られています。ゴミはそれぞれ分別され置いて行けるので、とても助かります。 シャワーは10分?100円でコインランドリーもあります。 炊事棟、トイレは今年新しくなりました。 女性のスタッフがいるのかわかりませんが?(今までみたことがない。たまたまなのかな?)シャワー室は黒カビがついていて、清掃がいまいち?髪の毛もたまり、そのままごっそり放置されていたりします。女性のスタッフがいるとまた、違うのでは?と思っていますが…上記の場合は男性スタッフでも遠慮せず声をかけていいと思います。 近くにホテルや旅館があり、日帰り入浴できますが、時間は要チェックですよ。必ず確認することをオススメします。 コンビニはないが、小さなストアはあります。 とにかくロケーション抜群!秘密にしたいくらい、いい所です。...

  • 青森県 十和田市営宇樽部キャンプ場 の口コミ写真r31419
  • 青森県 十和田市営宇樽部キャンプ場 の口コミ写真r31419

青森のキャンプ場ご紹介

青森は、本州の最北端に位置し、その気候を生かしたキャンプ場が多いため真夏は涼しく、冬は雪中キャンプも楽しめるのが自慢です。

 

青森のキャンプ場アクセス環境

青森のキャンプ場に行く場合、北海道から行く際にはフェリーが必要になってきます。青森-函館、青森-室蘭、八戸-苫小牧、大間-函館間等が運行されており、もしフェリー区間を短くしたい場合は、大間-函館間が1時間40分程の乗船時間で移動することができます。宮城から青森なら、高速利用で4時間掛からない程度ですので、観光しながら青森に行くことも可能です。ちょっとした小旅行には持ってこいかもしれません。冬場は雪が残っている可能性がありますので、キャンプ場に直接お問い合わせ頂くことをオススメします。

青森のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

青森といえば、「青森ねぶた祭り」は、毎年8月初旬に開催されナント300万人を超える人出を数えます。ただやっぱりキャンプ場と合わせて自然を楽しみたいなら、オススメは白神山地です。白神山地は、ほとんど人の影響を受けていない原生のブナ天然林が東アジアのなかでは最大級の規模で分布していることが特徴です。夏場は涼しいのが特徴ですので、是非涼しい時に白神山地に行かれるととても過ごしやすいのではないでしょうか。青森の春や秋には、日本の百名山にも選ばれている八甲田山の新緑の景色や、紅葉も楽しめます。登山をしなくても、八甲田山ロープウェーは標高1,324mの八甲田山と田茂萢岳山頂までの2,459mを結んでおり、息を飲む景色を楽しめます。青森にしかできないキャンプを楽しんでみては。

青森のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

・十和田湖

日本の湖沼では12番目の面積規模を有する「十和田湖」湖畔には高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」の他、十和田ビジターセンター、十和田科学博物館などがある。また、観光用の湖上遊覧船が運航しているので、のんびりと湖見物もできる。

・弘前公園

別名は、鷹揚公園(おうようこうえん)、鷹揚園(おうようえん)。弘前公園・鷹揚公園は日本の都市公園100選、日本の歴史公園100選、日本さくら名所100選に、公園内の弘前城は日本100名城、美しい日本の歴史的風土100選、人と自然が織りなす日本の風景百選、平成百景に選定されている。

・奥入瀬渓流

青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流です。1952年に国指定の特別名勝及び天然記念物に。新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観を見せます。

     

キャンプ大好き!名無しさん